保手濱拓 カレンダー 2021年版

2021年版も完成・到着しました!

山口県在住の美術家・保手濱拓(ほてはまたく)さんの2021年版カレンダーです。
20年は誰にとっても大変で、季節を味わうことも困難な日もありましたが、21年を迎えるにあたり、仕切り直しでお気に入りの絵を眺めつつ、元気を出して暮らしていきたいものです。長くdrop aroundでデザインを担当させていただいていますが、21年版はとくに手にする方が健やかな気持ちであれるようにとの願いをこめつつ制作を進めました。

毎月、小さな絵を飾るように描いた絵を暮らしの中で愉しんでほしいという思いからつくりはじめた保手濱拓さんのオリジナルプロダクト。身近な自然の中で見たものや感じたことを色やかたちによって表現されています。線画、水彩、エッチング、コラージュなど技法は様々ですが、拓さんが毎日描く絵の中から、自ら厳選した絵がひと月ごと12ヶ月分選ばれています。
カラーの絵+モノクロの線画の組み合わせで構成しています。
2021年版のカレンダーは、今までよりも更に奥行きを感じる絵の数々が並びます。
現在山暮らしをしているdrop的には、山の風景もぐっと来ます。
毎日そばで眺めるのが楽しみなカレンダーです。

満月(黄色丸)と新月(灰色丸)に印が入っている暦はそのままに、カレンダー部分はリニューアルして少し実用的な暦になっております。
どんな場所にもすっとなじむ縦長のカレンダーです。

▶︎▶︎ご希望の方には、おまけとして2017年7月に札幌M&Wで行われた展示に添えた新聞「M&W ON PAPER vol.01」を付録にお付けします。保手濱拓さんのインタビューを収録しております。備考欄に同封ご希望の方はお書き添えください。

挿画:保手濱 拓
デザイン:drop around
仕様:上部に紐通しの穴つき/ 12枚綴じ/ ミシン目入り / 帯付き
サイズ:295×130 mm 
価格 1,540円(税込み)
SOLD OUT